オーブ

7月24日、盆・施餓鬼会を無事修めました。
日々のニュースから戦争中は常に「混乱状態」にあり、合理的な判断や正義や真実など成り立たないことを痛感しています。
ロシア・ウクライナ両国兵士、一般市民の犠牲者に念仏をとなえました。

またこれまで国内外すべての
戦争犠牲者、自然災害の犠牲者、弔われる縁の無いさまよう御霊(餓鬼)に念仏を捧げ西方極楽浄土へ送りました。

多くの写真に白いスジ(オーブ)が写り込んでいました。心を尽くして迎えする法要。たくさんの御霊が逢いにきておられたのでしょう。

 

 

 

もどり梅雨

7/16は夏そうじでした。

戻り梅雨のおかげで暑くはなく

でもコロナ第7波の拡がりもあり

40分ほどで解散しました。

皆さま大変お疲れ様でした。

 

※8/15に予定している盆踊りは中止させていただきます。

 

FullSizeRender

混乱ゆえ

7月15日「おべつじ」でした。

ウクライナ侵攻に関しては、毎日信じられないニュースばかり報じられています。

「戦争犯罪」という言葉があるけど、戦争時は常に混乱状態にあるから「戦争=犯罪」になってしまうのだと思います。

安倍さんが亡くなられて一週間が経ちます。謹んでご冥福をお祈り致します。同時に、業績について賛否両論あり、戦争出来る国にすることには私は慎重であるべきと思います。なぜなら正しい戦争などなく、戦争は殺し合いであり混乱ゆえたくさんの犯罪を生むものだと思うからです。

 

頻繁する災害

頻繁する災害

断水に備え閉じていた井戸を使えるようにするために、

ポンプを取り付けることにしました。

井戸再使用工事の時に工事し易いようにと、長老の橋村さんが8メートル下井戸水に届くパイプを仕込んでくれていました。

おかげさまで作業は順調です。